ホーム新着情報ガバナーマンスリー2610地区クラブ一覧ロータリーとはお問い合わせ

ホーム > ガバナーメッセージ

ガバナーメッセージ
ロータリーを知ろう、知ってもらおう

国際ロータリー第2610地区
2018-2019年度ガバナー
若林  啓介

嘗て、地区ロータリー財団委員長やロータリー情報委員長を務めていた時に、卓話に招かれたことが何度かありました。その時に強く感じたことは、意外とベテランロータリアンの中にも、ロータリーの活動や、正しい知識をお持ちでない方が多いということです。例えば、「国際青少年交換プログラム留学生」、「米山記念奨学会奨学生」、「ロータリー財団国際親善奨学生」の違いが明確に分かっていない方、あるいは、「ロータリー」、「国際ロータリー」、「ロータリークラブ」、「ロータリー財団」等を正しく認知されていない方が多いといったことです。
ある年のIMへ行ったところ、看板に「国際ロータリークラブ第2610地区」と書いてあったことがありました。正しくは、「国際ロータリー第2610地区」ですね。また、ある時は、「国際ロータリー財団」と新聞記事にあり、これは、多分取材を受けたロータリアンがそのように説明したのだろうと推測されますが、正しくは、「ロータリー財団」ですね。
ロータリアン自身がロータリーのことを知らず、ロータリーが関わっている様々な奉仕プログラムを知らなければ、新会員をロータリーに誘う説得力にも欠け、対外的に情報を発信することも充分にはできないのではないかと考えます。是非、今年度はロータリーを一緒に学び直しましょう!
2610地区を知る
国際奉仕 国際奉仕

その国の習慣・文化を学び、国際理解と親善を推進する人物を育てます。

社会奉仕 社会奉仕

地域社会の一員として、ロータリークラブは地域の人々と共に地域社会のために活動しています。

職業奉仕 職業奉仕

ロータリアン同士が切磋琢磨し職業倫理の向上に努める。ロータリーにおいての職業奉仕の基本です。

クラブ奉仕 クラブ奉仕

私たちロータリアンは様々な活動を通して社会の質を高め、模範となるような活動を行います。

青少年奉仕
青少年奉仕 青少年奉仕 青少年奉仕

ロ新世代を担う青少年の健全育成は、社会全体にとって重要な課題です。

トップヘ