ホーム新着情報ガバナーマンスリー2610地区クラブ一覧ロータリーとはお問い合わせ

ホーム > 若手ロータリアン> 野村 充史

若手ロータリアン
野村 充史
若くしてロータリーに入会したキッカケ

金沢香林坊ロータリークラブの野村充史と申します。私は9年前に起業し、その1年後にある方のご紹介とご縁でロータリークラブに入会させていただくことになりました。事業継承者ではなく起業、さらに経営者になって1年という右も左も分からない若輩者がロータリアンとなった訳です。しかし先輩ロータリアンは温かく私を迎え入れてくれたことを今でも忘れません。「会社経営の歴史の差はあるかもしれんけど、同じ仲間じゃないか」仲間という言葉にも大変感動したことを覚えています。

ロータリーに入会して良かったこと感動したこと

やはり最も感動したことは、「こんな私でもロータリアンになれたこと」だと思います。ロータリーというと有名な経営者が入会している会です。そんな会に入会でき、しかも多くの「仲間」ができました。私の父親と同じくらいの年齢の経営者の先輩。私と同年代の経営者。年や経験を越えて仲間となれる環境がロータリーにはあります。様々な違いはあるにせよ、同じ経営者。経営者にしか分からない悩みなどがあります。その悩みを共有できる環境がある。とても素晴らしいことだと感じています。

あなたにとってロータリーとは

各自ロータリーに対する想いや感じ方があると考えています。私にとってロータリーとは「一生を通して付き合っていけるもの」と感じています。ロータリーには期限はありません。仲間と別れる時は告別式でしょうか(笑)それくらい人と人の関係性が深くなる会と言っても過言ではありません。別の会に顔を出した時でも、なぜがロータリーの仲間どおしで集まってしまいます。そのくらい私にとっては素晴らしい会なのです。

今後入会される方へ

ロータリーは職業奉仕、社会奉仕、国際奉仕などの奉仕活動が幹となる団体です。しかしそれ以前に、ロータリーは同じ境遇の仲間を作る場だとも思います。同じ悩みがあるものどおし毎週顔を合わせます。だから関係性も深くなります。すべては自分次第だと思います。自分が楽しめばロータリーも楽しくなります。皆様と出会えることを楽しみにしております。

インタビュアー・文責:野村充史

2610地区を知る
国際奉仕 国際奉仕

その国の習慣・文化を学び、国際理解と親善を推進する人物を育てます。

社会奉仕 社会奉仕

地域社会の一員として、ロータリークラブは地域の人々と共に地域社会のために活動しています。

職業奉仕 職業奉仕

ロータリアン同士が切磋琢磨し職業倫理の向上に努める。ロータリーにおいての職業奉仕の基本です。

クラブ奉仕 クラブ奉仕

私たちロータリアンは様々な活動を通して社会の質を高め、模範となるような活動を行います。

青少年奉仕
青少年奉仕 青少年奉仕 青少年奉仕

ロ新世代を担う青少年の健全育成は、社会全体にとって重要な課題です。

トップヘ